あきんど塾同友会とは|あきんど塾同友会

「なにわあきんど塾」は、当初は大阪市経済局主催で
若手経営者の育成のための大阪市中小企業若手経営者養成塾
(OSAKA MUNICIPAL BUSINESS SCHOOL)として
経営者や後継者が1年間経営の勉強をする場として25年前にスタートしました。
その後運営を財団法人大阪市都市型産業振興センターが引き継ぎ
大阪産業創造館で今現在も続いております。

その「なにわあきんど塾」の卒業生が運営する異業種交流会が「なにわあきんど塾同友会」です。
「なにわあきんど塾同友会」は現在28期メンバーを迎え375名を越える団体となりました。

「なにわあきんど塾同友会」は人とのつながりや勉強を通じ、会員の皆様の経営の少しでもお役に立てることを目的に、
また会のつながりをより強固なものにしていくために、下記の4つの委員会を運営して活動をしております。

  • 研修委員会
  • 会員交流委員会
  • 広報・情報委員会
  • 渉外活動委員会
  • 30周年事業特別委員会